PR

『旅ともモバイル』のeSIMのメリット6選!設定方法もわかりやすく解説!

記事内に広告が含まれています。


『旅ともモバイル』でもeSIMを販売しているみたいだけど、問題なく使えるかな?

『旅ともモバイル』は、格安国際電話サービスを提供するTELINK(テリンク)株式会社が運営するeSIM販売サービス。

国際電話サービスで培ったノウハウがあり、通信品質も全く問題ありません。

この記事では、『旅ともモバイル』のeSIMを実際に利用した筆者が、メリット6選と購入・設定方法をわかりやすく解説します。

「メリット・デメリットが知りたい」、「設定方法を知りたい」という方は、ぜひ参考にしてみてください。

この記事でわかること
  • 『旅ともモバイル』のeSIMのメリット・デメリット
  • 『旅ともモバイル』のeSIMの購入・設定方法
  • 『旅ともモバイル』のeSIMの基本情報・料金プランの例


1.結論

結論として、『旅ともモバイル』のeSIMのメリットは以下の6点です。

  1. 日本企業が運営
  2. 申し込み当日から使える
  3. プランが豊富
  4. 通信回線が大手キャリア
  5. テザリングが可能
  6. スマホアプリがある

\ レンタルWiFiはもう不要!/

以下で解説していきます。

2.『旅ともモバイル』の基本情報・料金プラン

基本情報

運営会社 TELINK㈱
対象国・地域 150ヶ国以上
周遊プラン 有り
初期費用 無料
テザリング
変更・キャンセル ×
サポート メール
(日本語)
24時間サポート ×
アプリ
公式サイト 【旅ともモバイル】

「旅ともモバイル」は、格安国際電話サービスを提供するTELINK(テリンク)株式会社が運営するeSIMサービス。

国際電話サービスで培った、高品質かつ安定した高速データ通信が魅力!

2023年11月7日にリリースされたばかりですが、iPhone版/Android版アプリも公開されています。

24時間サポートはありませんが、設定方法などが公式サイトでわかりやすく紹介されているため、初心者でも安心して利用することができます。


料金プランの例

アジア主要国の料金プランは以下の通りです。

【日本】

データ容量/日数 価格
1GB/日 5日間 1,600円
1GB/日 15日間 3,600円
5GB/30日 2,600円
10GB/30日 3,800円
20GB/30日 7,100円

【韓国】

データ容量/日数 価格
無制限/3日間 2,800円
無制限/5日間 4,100円
無制限/10日間 5,700円
無制限/20日間 8,900円
3GB/5日 1,800円
8GB/10日 3,100円
10GB/15日 3,600円
20GB/30日 6,500円

【台湾】

データ容量/日数 価格
1GB/日 3日間 800円
1GB/日 5日間 1,100円
1GB/日 7日間 1,400円
1GB/日 10日間 1,900円
2GB/日 3日間 1,100円
2GB/日 5日間 1,600円
2GB/日 7日間 2,000円
2GB/日 10日間 2,800円

【香港・マカオ】

データ容量/日数 価格
1GB/日 3日間 800円
1GB/日 5日間 900円
1GB/日 7日間 1,000円
2GB/日 3日間 1,200円
2GB/日 5日間 1,300円
2GB/日 7日間 1,400円
5GB/30日 3,400円
10GB/30日 6,000円
20GB/30日 11,800円

【タイ】

データ容量/日数 価格
1GB/日 5日間 1,400円
1GB/日 10日間 2,100円
1GB/日 30日間 5,900円
3GB/7日 1,600円
15GB/8日 1,900円
50GB/10日 2,200円

※ 2024年5月19日時点

その他の国については、旅ともモバイル公式サイトをチェックしてみてください。

公式サイト ⇒ 【旅ともモバイル】


サポート体制

『旅ともモバイル』の通常サポートの営業時間は以下の通り。

【通常サポート】
メール
平日 10:00~17:00(土日祝日は対象外)


3.『旅ともモバイル』のeSIMのメリット・デメリット

メリット

旅ともモバイルのメリットは以下の6点です。

  • 日本企業が運営
  • 申し込み当日から使える
  • 価格が安い国もある
  • 通信回線が大手キャリア
  • テザリングが可能
  • スマホアプリがある


① 日本企業が運営

旅ともモバイルは、日本企業のTELINK(テリンク)株式会社が運営するeSIMサービス。

airalo(エラロ)などの海外eSIMサービスも使いやすいですが、やはり何かあった時に日本語で問い合わせできるのは大きな強みですね。

公式サイトでは、iPhoneとAndroidでの設定方法も動画や画像で紹介されており、設定で困ることはほんんどないと思います。


② 申し込み当日から使える

旅ともモバイルのeSIMは、申し込み後から有効期限が切れるまで、いつでもインストールすることができます。

有効期間はプラン詳細ページに記載されているので、欲しいプランがあれば確認してみてください。

よっちゃん
よっちゃん

渡航日程が延期になったとしても、有効期限内なら買い直さなくても利用できます。

旅ともモバイルのタイのプランの詳細画面


③ プランが豊富

プランが数個しかないeSIMサービスもありますが、旅ともモバイルはプランの数が多く、自分に合ったものを見つけることができると思います。

価格は、「タイ・台湾」は他のeSIMと比べても比較的安く、利用をおすすめできます。


④ 通信回線が大手キャリア

運営元のTELINK(テリンク)株式会社は、格安国際電話サービスを提供している企業。

通信事業で培ったノウハウがあり、高品質かつ安定した高速データ通信が可能となっています。

旅ともモバイルでは現地キャリアも公表されていますが、いずれも現地の大手キャリアなので安心ですね。

国・地域 ネットワーク
日本 Softbank、docomo
韓国 SKテレコム
KT(Korea Telecom)
中国 China Unicom
China Telecom
香港・マカオ 3 Hong Kong
タイ Truemove
Dtac
アメリカ・ハワイ AT&T
T-Mobile


⑤ テザリングが可能

旅ともモバイルでは、テザリングを利用することができます。

筆者も実際に試してみましたが、問題なく利用できました。

ただ、旅ともモバイル公式サイトでは、短時間に大容量のデータ通信を行うことは控えるよう記載されています。

基本的に可能ですが、予期せず制限がかけられ使用できなくなる可能性があるので弊社としては積極的な推奨はしておりません。

制限に関しては現地キャリアの判断によるものなので、使用できなくなった際の対応はできないことをご了承ください。

とはいえあまりにも過剰な利用(短時間に大容量のデータ通信をするなど)がなければ通常は問題なく使用ができるものと思います。

旅ともモバイル-よくある質問(テザリングはできますか?)


⑥ スマホアプリがある

国産eSIMとしては珍しく、スマホアプリが公開されています。

よっちゃん
よっちゃん

国産で他にアプリがあるのは「World eSIM」と「trifa」くらいですね。

スマホアプリがあると、購入や問い合わせの際に一々Webを開かなくていいので使いやすくなります。

アプリでデータ利用量を確認できればより使いやすくなると思いますが、その点は今後に期待しましょう!

旅ともモバイル

旅ともモバイル

TELINK inc.無料posted withアプリーチ


デメリット

旅ともモバイルのデメリットは以下の6点です。

  • 公式サイトのプランが少し見にくい
  • 価格が高い国もある
  • 無制限プランがある国が少ない
  • データ通信専用プランのみ
  • データ利用量・残量を確認できない
  • 24時間サポートが無い


① 公式サイトのプランが少し見にくい

例えば、タイのプランを開くと以下のように表示されます。

旅ともモバイルのタイのプラン一覧の画像
よっちゃん
よっちゃん

一応価格順になっているのですが、筆者としてはちょっと見づらいですね。

価格順よりプラン別にまとめた方が見やすくなると思います。


② 価格が高い国もある

筆者が確認した中では、「韓国・香港・アメリカ(ハワイ)」は他のeSIMと比べても少し高いので、あまりおすすめできません。


③ 無制限プランがある国が少ない

筆者が確認した中では、無制限プランがある国は「韓国」のみでした。

無制限で残量を気にせず使いたいという方も多いと思いますが、韓国以外は利用できません。


④ データ通信専用プランのみ

旅ともモバイルのeSIMは「データ通信専用」で、電話番号は付きません。

よっちゃん
よっちゃん

airalo(エラロ)」には、タイの電話番号付きプランがあります。


⑤ データ利用量・残量を確認できない

旅ともモバイルでは、データ利用量・残量を確認することができません。

iPhoneであれば、「設定」⇒「モバイル通信」⇒「現在までの合計」で利用量の目安を確認することができます。

【iPhoneの場合】
「設定」⇒「モバイル通信」⇒「現在までの合計」

【Androidの場合】
「設定」⇒「SIMカードおよびモバイルデータ」⇒「データ残量」
※ 機種によっては確認方法が異なります。

残量を確認しながら使いたいという方には、「airalo(エラロ)」か「TRAVeSIM(トラベシム) 」がおすすめ!


⑥ 24時間サポートが無い

日本語で問い合わせ可能ですが、メールサポートしかなく、24時間対応ではありません。

現地で緊急性の高いトラブルが発生した時は困るかもしれませんね。


4.旅ともモバイルでのeSIM購入方法

旅ともモバイルでeSIMを購入するには会員登録が必要です。

簡単にできるので、パパっと済ませてしまいましょう♪

今なら、会員登録すると「5%OFFクーポン」がもらえます!


会員登録

① 旅ともモバイル公式サイトを開く

公式サイトはこちら ⇒ 【旅ともモバイル】

右上の人型アイコンをクリック。

旅ともモバイルの会員登録手順-1


② アカウント作成

「アカウントを作成する」をクリック。

旅ともモバイルの会員登録手順-2

名前、メールアドレス、パスワードを入力。

旅ともモバイルの会員登録手順-3

全て入力できたら、「作成する」をクリック。


③ メール確認

登録が完了するとメールが届くので、「ディスカウントを適用」からサイトにログインしましょう。

これで初回購入が5%OFFになります。

旅ともモバイルの会員登録手順-4


eSIM購入方法

eSIMは即時発行されるため、注文後の変更・キャンセルはできません。
スケジュールが確定してから購入しましょう。

対応機種かの確認方法はこちらの記事で紹介していますので、不安がある方は確認してみてください。

よっちゃん
よっちゃん

旅ともモバイルでは日本のeSIMも販売されているので、不安な方は日本のeSIMで使えるか試してみるのもおすすめです。


① 旅ともモバイル公式サイトを開き、渡航国を選択

筆者は「タイ」を選択。

旅ともモバイルのeSIM購入手順-1


② 購入するプランを選択

選択した国のプランが表示されるので、使いたいプランを選択。

旅ともモバイルのeSIM購入手順-2

サインアップの通知が出たら、登録したメールアドレスを入力しましょう。

旅ともモバイルのeSIM購入手順-3

プランの詳細情報が表示されるので、問題無いかしっかり確認しておきましょう。

  • 使用開始日の基準
  • データ容量・日数
  • 超過後制限速度
  • 発行後有効期限
  • 現地キャリア
旅ともモバイルのeSIM購入手順-4
旅ともモバイルのeSIM購入手順-5
よっちゃん
よっちゃん

eSIMの利用開始のタイミングは主に以下の2パターンあります。
購入しようと思っているのがどちらか、よく確認しておきましょう。

  • QRコードを読み込んでインストールした時点から利用開始
  • 渡航先で電波を受信してから利用開始

問題なければ「カートに追加」をクリックし、横にある「カートを見る」をクリック。


③ 購入手続き

カート内の商品が表示されるので、問題なければ「ご購入手続きへ」をクリック。

旅ともモバイルのeSIM購入手順-6
よっちゃん
よっちゃん

5%OFFクーポンが適用されているかも確認しておきましょう。

続いて、支払い情報と請求先住所を入力。

旅ともモバイルのeSIM購入手順-7
旅ともモバイルのeSIM購入手順-8

【支払い方法】

  • クレジットカード
  • Shop Pay
  • PayPal
  • Amazon Pay
  • G Pay
利用可能なクレジットカード

VISA、JCB、Mastercard、American Express、Diners Club、Discover

入力が完了したら、「プライバシーポリシーに同意して今すぐ支払う」をクリック。


④ 注文完了

これで注文は完了です。

旅ともモバイルのeSIM購入手順-9
よっちゃん
よっちゃん

筆者の時は、注文してから約3分後にQRコードが届きました。

旅ともモバイルのeSIM購入手順-10


5.旅ともモバイルのeSIMの設定方法

筆者が実際にiPhoneで設定した画像を用いて解説します。


iPhoneでの設定方法

① 設定アプリを開く

iPhoneの設定アプリをタップ。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-1


② eSIMを追加する

「モバイル通信」⇒「eSIMを追加」をタップ。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-2


③ QRコードをスキャン

「QRコードを使用」⇒ 「”写真”を開く」を選択。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-3

iPhoneユーザーは、「iOS17」からスマホの画像フォルダに保存した画像データを使ってeSIMのインストールが行えるようになりました!

画像フォルダからQRコードの画像を選択。

よっちゃん
よっちゃん

今回はQRコードをスクリーンショットして設定できるか試してみました。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-4


手動で設定したい場合は、下の方にある「詳細情報を手動で入力」をタップ。

旅ともモバイルから送られてきたメールにある「SM-DPアドレス」と「アクティベーションコード」を入力すると設定できます。

旅ともモバイルから送られてきたメールの画像


④ eSIMをアクティベート

eSIMをアクティベート ⇒「続ける」をタップ。
eSIMアクティベート中 ⇒ 「続ける」をタップ。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-5
よっちゃん
よっちゃん

アクティベートが完了するまで約5分かかりました。

渡航前に設定を行った場合、最後にアクティベート失敗となる場合がありますが、基本的にはそのままで大丈夫です。
アクティベーションは現地でデータ通信が実際に行われた際に最終的に完了します。


⑤ 回線の名称変更

「副回線」となっているのが旅ともモバイルの回線。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-6

わかりやすいように回線名を変更してみます。

「副回線」をタップし、「モバイル通信プランの名称」をタップ。

下の方にあるカスタム名称に「Tabimoba」と入力。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-7

戻ると回線名が変更されます。


⑥ 設定完了

日本での設定はこれで完了です。


⑦ 出国前に主回線を切断

飛行機に乗ったら、主回線のモバイルデータ通信はOFFにしておきましょう。

ONのままにしておくと国際ローミングの費用が発生してしまう場合があります。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-8


⑧ 現地に着いたら、データローミングをONにして通信開始

現地に着いたら、旅ともモバイルのeSIMのモバイル通信設定画面を開き、「データローミング」をONにする。

旅ともモバイルのiPhoneでの設定方法-9

これでネットが使えるようになります。


6.まとめ

旅ともモバイルのeSIMを実際に利用した筆者が、旅ともモバイルのeSIMのメリット6選と、実際の購入・設定方法を画像付きで解説しました。

  1. 日本企業が運営
  2. 申し込み当日から使える
  3. プランが豊富
  4. 通信回線が大手キャリア
  5. テザリングが可能
  6. スマホアプリがある

運営元が通信事業を行っている企業のため、通信品質は高く、問題なく利用することができます。

旅ともモバイルのeSIMを利用して、快適な海外旅行にしましょう♪

\ レンタルWiFiはもう不要!/



タイトルとURLをコピーしました